無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

廉くんの家でテスト勉強
『なーあ。あなた。こーこ。』

「今無理。見て?この状況。私さ、何やってるかわかる?」

『んなもんテスト勉強に決まっとるやん』

「そう大正解廉くん。」

『おん、それがどしたん。』

「やから、あとテストまでもうちょっとなの。ですので廉くんのお膝には行くことができません」

『休憩やん、ほら、チャージすんねやろ?』

「いや、チャージとかそういう話ちゃうから」

『そんな堅いこと言わんでええがな』

「いやもうほんま無理」

『… んしょっとお』

「え?ちょ、は!?おろして!!」

『あなた、寝てへんやろ。』

「え、なんでわかんの?」

『俺を誰やと思ってん。あなたの彼氏やで?わかって当然やろ。無理すんなって』

「でもテスト勉強が…」

『あんな、あなた。テスト勉強はほんま大事やで?将来にも関わるしな。でもな、たまには息抜きしてもええんちゃうん?寝てなくて体調テストの日に崩したら元も子もないやん。しかも俺の可愛い可愛いあなたがしんどそうにしてんの見たないの。わかる?』

「ん、、」

『やからな、俺で充電しとき。ほら、ぎゅーってしてやっから。な?ぎゅー、』

「ん、ありがと。れん。」

『どういたしまして〜、俺のお姫様、笑』




『大好き。愛してんで?』


額にキスを落とされたのはまた別のお話。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひ ま り 。🌻
ひ ま り 。🌻
King & Prince 、 美少年 で妄想してます リクエスト、フォロー待ってます🌻 twitter @himahimaririri 不定期で落としてます🧚💖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る