無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ロケットサイダー/ナユタン星人
拝啓 人類は快晴なんか失くして
大抵が最低です。 廃材置き場の毎日で
「衛星都市にいこう」あなたは言った。
「1.5リットルの現実逃避行計画さ」

乱反射 世界が透けて
サイレンが遠くで鳴った
もう対流圏界面

週末、ぼくらは月の裏側で
「なんにもないね」なんて、くだらなくて笑いあうだろう
それからぼくらは恋におちて
この旅の果てが分かっていたって知らないふりさ
今なら

八月の雪が降ったあの日は
ビードロを覗いたようにみえた
「ねぇ涙が止まらないんだ昨日から」
わずかに、崩壊する都市がみえた

それは最後の夏でした

終末、ぼくらは月の裏側で
傷つけあうのなんてばからしくて笑いあうだろう
それからぼくらは恋におちて
ふたり気付いていたってもうね、この夢はさめないよ

そうさ ぼくら 世界の片隅で
「失くしてばっか」なんて、心なんて埋まらなくても
何度もぼくらは星を巡るよ!
拾った銀貨使って ジュース買って分けあって飲もう

「サイダーがいいな」