無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

CHE.R.RY/YUI
手のひらで震えた それが小さな勇気になっていたんだ

絵文字は苦手だった だけど君からだったら ワクワクしちゃう

返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど
かけひきなんて出来ないの

…好きなのよ ah ah ah ah

恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう?
星の夜 願い込めて CHE.R.RY
~指先で送るキミへのメッセージ


サクラが咲いている この部屋から見えてる景色を全部

今 キミが感じた世界と10秒取り替えてもらうより

ほんの一行でも構わないんだ キミからの言葉が欲しいんだ
ウソでも信じ続けられるの

…好きだから ah ah ah ah

恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう?
星の夜 願い込めて CHE.R.RY
~指先で送るキミへのメッセージ


甘くなる果実がいいの 何気ない会話から育てたい ah ah ah ah


恋のはじまり 胸がキュンとせまくなる

いつまでも待っているから 春の冷たい夜風にあずけてメッセージ

恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう?
星の夜 願い込めて CHE.R.RY
~指先で送るキミへのメッセージ