無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

カタオモイ/Aimer

例えば 君の 顔に昔より シワが 増えても それでも良いんだ
僕が ギターを 思うように 弾けなくなっても心の歌は君で溢れているよ
高い声も 出せずに 思い通り歌えない
それでも頷きながら一緒に歌ってくれるかな
割れんばかりの拍手も 響き渡る歓声もいらない
君だけ わかってよ わかってよ
darling 夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ
darling 夢が叶ったの 愛してる

たった一度の たった一人の 生まれてきた幸せ味わってるんだよ
今日がメインディッシュで 終わりの日には 甘酸っぱいデザートを食べるの
山も谷も全部フルコースで
気がきくような言葉はいらない 素晴らしい特別もいらない
ただずっと ずっとそばに 置いておいてよ
僕の想いは歳をとると 増えてくばっかだ 好きだよ わかってよ わかってよ
ねえ darling 夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ
darling 夢が叶ったの 愛が溢れていく

君が僕を忘れてしまっても ちょっとつらいけど それでもいいから
僕より先に どこか遠くに 旅立つことは絶対 許さないから
生まれ変わったとしても 出会い方が最悪でも また僕は君に恋するんだよ
僕の心は 君にいつも片思い
好きだよ わかってよ わかってよ わかってよ
darling 夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ
darling 夢が叶ったの
ねえ darling 愛してる