無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

君が飛び降りるのなら / Omoi
いきなり歌い始めてごめんね 
ちょっとだけそのまま聞いててね
本日お伝えしたいのは
とっても大事な君のこと!
出会った日は覚えてないけど
なんでも知ってるつもりだよ
君の長所は真面目なこと
でも中二病がひどい!

君が飛び降りるのならば僕は
笑って一緒に飛び降りる
止めてくれるとでも思ったか!
僕らの絆を見くびるか!
そして手を繋いで落ちて行こう
地面めがけてピースしよう
でもそういえば何かを
忘れているような…
ああそうだ!見たいテレビがあった!
やっぱり飛ぶの後でにしませんか!

君に出会ってからというもの
全てなんだかおかしくなった
占いなんて信じていなかったけど
たまには良いと思えた
変な音楽に触れて
変な漫画も沢山読んで
気付いたら僕も君の事
笑えなくなっていた!

君が飛び降りるのならば僕は
君よりも先に飛び降りる
説得されるとでも思ったか!
僕の馬鹿さを甘く見るな!
え何?あの有名ボカロPが
明日新曲上げるだって?
ってなんでこんな大事な時まで
Twitter見てんのさ君は…
もう僕ら明日それ見なきゃ
この世界にさよならできないじゃん!
ああ

いつか 僕らは
ナニモノか分かるかな
そんな 未来は
来る訳は ないよな

飛び降りる前の 確認事項
ガスの元栓 窓の戸締り
ハードディスクは 叩き割っとく
…のはもったいなくてやめたけど

君が飛び降りるのならば僕は
笑って一緒に飛び降りる
止めてくれるとでも思ったか!
僕らの絆を見くびるか!
次に僕らが出会う世界でも
またこんな風になれたらいいね
生まれ変わったら何になるか
本で占ってみようか
君は玉ねぎ 僕はタイヤ
やっぱり飛ぶの今度にしませんか…?

本当に飛べる日 目指して
もうちょっとだけ一緒に居ませんか!