無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

教室はどこかな?
見渡して見るけれど教室らしき部屋は見当たらない
何で学校なのにこんなに広いの?
こんなに広いんじゃ迷子になっちゃうよ
ずいぶん歩いてから角を曲がった
ドンッ
いったぁ
グク
グク
いってぇーな...
へっ?
あなた
あなた
ご、ごめんなさいっ!!
誰かにぶつかってしまった。
グク
グク
ったく気を付けろよな...
ふっと顔を上げた先は目を疑った
整った顔
スラッと伸びた背
綺麗な黒髪
完璧なイケメン
あなた
あなた
あ、あの大丈夫ですか?
心配して尋ねる
グク
グク
え?あぁ大丈夫ですよ?これ、落とし物
渡されたのは黒縁メガネ
あなた
あなた
あっ
ぶつかった時に落としたんだ
あなた
あなた
ありがとうございます
イケメンさんからメガネを、受け取ってかける
グク
グク
かけない方が可愛いのにボソッ
あなた
あなた
へっ?
グク
グク
ううん、何でもない
なんだろ、この人
そういえば私とぶつかったときと
今の態度は全然違うよね?
グク
グク
それよりなんか、困ってるみたいだけど
あなた
あなた
実は...迷子になっちゃって
は、恥ずかしい