無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

お、オンマなんてことを!!
オンマ
オンマ
なぁに?あなた文句ある?高校行かない?
あなた
あなた
分かったよ...ゴマ油学園、受験する
オンマ
オンマ
初めからそういえばいいのよ~
私は、とうとう折れてしまった
私は、目立ちたくないため
度が入っていない黒縁メガネに
髪型は三編みおさげ
こんなじみな格好をしてきているのは
変なことに巻き込まれたくないから
不安に巻き込まれながら校門をくぐる
あなた
あなた
うっそ~て言うかさすが
めっちゃ大きい
それにピカピカで豪華
あなた
あなた
お城みたい...
中に入ると
あなた
あなた
スッゴーイ!!
廊下の向こう側は生徒でにぎやっている
クラス分けが書いてあるのかな
予想的中
この学園は1学年A~D組まで4クラスある
私は、跳び跳ねながら自分の名前を探す
あなた
あなた
あっ、あった
私は、一年C組だ