無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

私には届かない存在
グク
グク
これで、挨拶を終わります
会長さんは一礼をしてステージをおりた
へっ......?
ステージを降りる瞬間、気のせいかもしれないけど私の方を向いて笑った
あの、爽やかな笑顔で
私の胸はキュンと、音をたてた
生徒会長さん、また会えるかな
ヨジャ
ヨジャ
ねぇ、グク様、こっち見て笑わなかった?
ヨジャ
ヨジャ
笑った、笑った!やっぱりグク様カッコいい!
案の定騒いでいる女の子たち
皆狙っているのかな