プリ小説

第13話

11話
うらた目線

坂田「じゃあ俺があなたの隣でその他適当にじゃんけんな、」

志麻「は?」

うらた「は?」

センラ「ええええ?」

坂田「は?」

なぜ坂田が隣なんだよ
頭沸いてんだろ()
てか普通考えてそこはじゃんけんだろ。

志麻「坂田だけずるない?」

センラ「そーだそーだ!誰が好んでこんなおじさんの隣に寝るか!」

うらた「そうだぞ。」

坂田「だって俺ら兄妹やから!あなただってこんなおじさんよりお兄ちゃんと寝た方がええやんな??」

『ええ、誰でも同じかな』

坂田「え、うそお兄ちゃんやのにあって1日のこいつらと同じ、、?」

志麻「どんまいさかた!!」

センラ「ぷぷ、お疲れ様ですぅ!」

うらた「www」

やべえ、あなたちゃん最高すぎるだろww
坂田あいつまじでおつかれだわww

『こちらとしてはどうでもいいので早く寝たい』

志麻「あー、ごめんごめん」

坂田「嘘だ嘘だ嘘だ(小声)」

センラ「坂田起きろ現実やわ」

坂田「うそだー!!!!!」

うらた「るっせー、近所迷惑。
はやくじゃんけんで決めよう」

センラ「うんうん。」

坂田「あー、もう絶対勝ってやる」

センラ「負けられねえ戦いが今ここに、、!!」

うらた「最初はぐー!じゃんけんぽんっ!!!!」

うらた⇒ぱー
志麻⇒ぱー
センラ⇒ちょき
坂田⇒ちょき

センラ「っしゃぁぁあ!!!!!」

坂田「ざまあみやがれ!!!」

え?嘘だ
おい、そこ坂田負けるとこだろ!!!

志麻「は?え?や?ほんま、え?」

うらた「まーしぃ、寝る時邪魔してやろうぜ」

志麻「そうだな。」

坂田「なんかほんまこいつら怖いな」

センラ「まあ隣はGETしたんで寝ましょ!!」

いやもうセンラが1番うざいな
ほんと寝てる間殴ってやる

『もう寝れる?』

坂田「おん、寝よか」


センラ | あなた | 坂田
うらた | 志麻

坂田「じゃあ、電気消すでな」

センラ「おやすみ」

志麻「おやすみー」

うらた「おやすみ」

『おやすみ!』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお
もちお
最俺と浦島坂田船が好きな変人
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る