プリ小説

第7話

第6話
~坂田目線~

よっしゃ!食べる準備できた!
てか飲み物の氷溶けてるやん。
最悪やん

うらた「うわっ、マックフルーリー終わってる」

志麻「www」

センラ「冷凍庫に入れましょw」

こんだけ暑いと溶けるよなぁ。

うらた「てかあなたちゃんパッピーセットだけで足りるの?」

足りなぁい♪

『足りますよ』

知ってた。

坂田「ハッピーセットって量少ないイメージしかないねんけど」

志麻「子供用のとちゃうん?」

センラ「そうやね、おもちゃとか付いてる時点で子供用やん」

坂田「あっ、確かに」

うらた「でも大人も買ってる人いるじゃん」

志麻「それはあれとちゃいます?」
「おもちゃが好きなキャラクターのとか」

センラ「ハッピーセットのおもちゃのキャラクターってプリキュアとかちゃうん?」

坂田「今回はミニオンやで」

うらた「これは大人買う人いるな」

志麻「ミニオンならいそうですね」

センラ「てか坂田めっちゃこぼれてる」

坂田「ふぇ?」
「ほんまやん!!!なんでもっと早く言ってくれへんの?!!!!」

やばいやばい。
うっわ服についたやん!!
最悪やんけ!!

『ふっw』

うらた「www」

志麻「www(パシャパシャ」

センラ「www」

坂田「お前ら!!
笑ってないで手伝ってや!」

志麻くんに関しては写真撮ってるやんけ

『これで拭いて』

坂田「ありがとう!」

見た?みんな?
見た?!
さすが俺の妹やわ〜♪

うらた「うわ、あと残ってる」

志麻「白の服着てたとかついてなさすぎやろw」

センラ「洗濯頑張れ」

坂田「めんどくさ…」

結構この服気に入ってたんやけどなぁ
ショックやわ

うらた「もう食わねえと冷めてるぞ(モグモグ」

志麻「ほんまや」

坂田「いただきまーす」

センラ「めっちゃ久しぶりに食べた」

うらた「マックってあんま食う機会ないよな」

坂田「外に出る時にたまーにぐらいやよね」

志麻「外に出る時も食べへんやろ」

『ごちそうさまでした(ボソッ)』

わー!
ちゃんと空気をよめる俺の妹神やよな

坂田「ごちそうさまでした!」
「食べ終わったらこの紙袋にゴミ捨ててな」

うらた「りょ」

志麻「ごちそうさま」

センラ「ごちそうさまでした」

うらた「みんな早いな?!」

坂田「うらたさんマックフルーリーもあるんやから早く食べやな」

うらた「待って焦らすな俺も坂田みたいにこぼす」

志麻「うらたさーんはやくしてくださいよー」

センラ「うらたんもうちょっとで11時ですよー」

うらた「え?!待ってやっば」

『頑張ってください(*´ω`*)』

うらた「やる気出た」

ちょ。うらたさん呪う。
あのあなたのエンジェルスマイル見れたうらたさん一生呪う

あっ、、
この間にそらまふの2人に連絡入れとこ
坂田
まふまふ!
まふまふ
はいはいはい!
坂田
俺の妹がまふまふに会いたがっとるから会ってあげて
まふまふ
いいよ!
ちなみに妹ちゃん何歳??
坂田
13歳中学2年生
まふまふ
めっちゃ楽しみにしとく
危ない予感しかやしへんねんけど
まぁ気にしたら負けやな
次そらるさん
坂田
そらるさん!
そらる
??
坂田
妹に会ってあげてください!
そらる
あー
全然いいよ
坂田
ありがとうございます
よし許可得たこれで大丈夫やな


うらた「食べ終わった!」

志麻「おそw」

センラ「ふw」

『お疲れ様です!』

うらた「あなたちゃんだけだ天使なの」

坂田「俺の妹が天使なのは当たり前やで!」

志麻「知ってるよ」

センラ「世界で1番天使やよね」

坂田「(´ー`*)ウンウン」

うらた「その話は終わろう」
「お風呂はどうする」

坂田「あなたが先で俺で後は適当に」

うらた「は?」

センラ「あなたちゃんが先なのはわかるけど坂田が2番目になるのはおかしいとちゃいます?」

志麻「それな!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお
もちお
最俺と浦島坂田船が好きな変人
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る