無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,337
2018/10/28

第5話

episode4
私
もしもし…?
寝起きで声が掠れる
テテ
テテ
出てくれた…よかった
初めましてキム・テヒョンです
ってわかるよね?
何百回、何千回と画面越しで聞いているあの声

そしてつい数時間前顔を見ながら
名前を呼んでくれたあの声だった。


私
あっ…えっと…
だ、大丈夫ですわかります
テテ
テテ
動揺してるの?落ち着いてるの?
と、笑いながら話しかけてくる
私
いや、まさかご本人だとは思わなくて…
テテ
テテ
なんで(笑)
俺が違う人のID渡すと思った?(笑)
私
ありえないですけど、
ありえるのかなって…
もうよくわからなくなってきた…


って、何普通に話しちゃってるんだ

用件を聞かないと…
私
えっと…なんで私にIDを…?
テテ
テテ
率直だなぁ
毎回握手会とかファンミ開く度
来てくれてて凄く可愛い子だなって
あっ…全員にこんなことしてるわけ
じゃないから誤解しないでね!?
自分から教えるのなんて初めてだよ…
電話越しに焦っているのがわかる


とっても可愛い
叫びたくなるのを抑えて会話を続けた










気づくともう1時間以上も話している
日本のこと、ファンのこと、いつから好きでいてくれるかなど彼は興味津々なようだ





私
テヒョンくん眠くないんですか?
テテ
テテ
んん、ちょっと眠いかな
ごめんねこんな長電話しちゃって
あなたちゃんも疲れてるよね
私
いやっ、私は全然…
テヒョンくんから電話くるまで
寝ちゃってたので(笑)
テテ
テテ
あ〜〜だから1回目出なかったんだね(笑)
起こしちゃってごめんね
私
大丈夫ですよ気にしないで(笑)
明日まで日本にいるんですよね?
テテ
テテ
そう!あ、でも日付変わってるから
今日までかな?

やっぱり彼が帰国するとなると悲しくなる

テテ
テテ
あなたちゃんは今日何するの?
私
私は特に予定も入れてませんでした〜
家でゴロゴロして握手会の余韻に
浸ろうかなって(笑)
テテ
テテ
あ、なら俺とデートしない?


予想外の言葉に時が止まる





テテ
テテ
こんなこといきなり言われても困る?
日本に知り合いいないし他のメンバーも別行動だから観光したいなって思ったんだけど…
私
え…テヒョンくんがいいなら是非…
案内させてください…
テテ
テテ
よかった!!
じゃあまた時間と場所カトクで送るね!
おやすみっ!


今日…数時間後…あのテヒョンくんと
デート…?



キャパオーバーだ寝よう



私はすぐ眠りについた