無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,374
2018/10/28

第3話

episode2


心音が高まるのを抑えつつ
違和感を感じた手のひらを見てみる


私
えっ…なにこれ

可愛らしい手描きのTATAちゃんと
何かのID



急いでケータイを出してカカオトークを開く



私
まさかね…(笑)
と、思いながらIDを打ち込むとそのまさかだ。




何?彼の気まぐれ?なんで??
動揺が止まらない



…とりあえず家に帰ろう