無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

自分が2人
暗い、ここはどこ?
なにも見えない
サキ
サキ
………………
サキ
サキ
誰かいるの?
足音がする、そこに居たのは
サキ
サキ
ごきげんよう
私に似た人だった
サキ
サキ
あなたは
サキ
サキ
前にも言ったでしょ?
私は『貴方』よ
これが私?
そんなはずじゃだって
サキ
サキ
私はここに、、、
サキ
サキ
まぁ、そうなるよね〜
サキ
サキ
だって
サキ
サキ
私は
サキ
サキ
『昔の貴方』なんだら
え?
サキ
サキ
私は、、歌って、、
サキ
サキ
ほんとあの子いい子よね?
サキ
サキ
仲間のために優しいウソなんて
サキ
サキ
う、、そ?
サキ
サキ
そうよ、
もう
サキ
サキ
無理矢理でも貴方の記憶を取り戻してあげるわ
サキ
サキ
、、、
サキ
サキ
昔の貴方は
強くてリーダー的で貴方を逆らう者なんていなかった
輪の王女様だったからね
サキ
サキ
ち、ちがう!私は
みんなのために頑張って
サキ
サキ
記憶を無くしてそうなったのね
かわいそうに、
サキ
サキ
貴方が嫌でも
私は絶対に昔の貴方に戻す
サキ
サキ
待ってなさい
サキ
サキ
あ、
バサッ
サキ
サキ
部屋?
夢だったのかな、、
でもほんとうなら
戻らないほうが