無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2年後
莉犬
別れて。
僕。
え?
僕。
なんで?莉犬くんなんかあったの?
莉犬
ごめんね。ばいばい。
僕。
なんで?分かんないよ(´;ω;`)
莉犬
(ごめんね。あなた…)
???
あれ??あなたなんでここにいんの?
???
…ってお前泣いてんじゃん!どした?
僕。
莉犬くんにフラれちゃったんだ!まぁ仕方ないけどね笑笑
???
無理に笑わなくてもいいよ!
僕。
…莉犬くんに一番尽くしてきたの。私が告白した時、俺も好きだったって言ってくれて凄く嬉しかった。
???
うん。
僕。
だけどさ、2年間付き合った中で、莉犬くんは〇イなんじゃないかなーって思ったの。
僕。
んで、聞いてみたら
莉犬
うん…。ごめんね。まぁ、あなたの事は好きだから!大丈夫だよ。
僕。
って言ってたし、安心してた私も行けなかったのかもね!
???
お前のせいじゃないよ。
僕。
ありがとう…。
???
あとさ、僕お前に言いたい事あるんだ。
僕。
なに?
???
僕と付き合って!
僕。
え??
僕。
ころちゃんどうしたの?
ころん
言っとくけど…本気だからね!
僕。
考えさせてくれないかな?
ころん
うん。いいよ!
それを見ていたるぅとは
るぅと
(ころちゃんが告白してる!?あれって莉犬の彼女じゃ?どゆことー!?)