無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
4
2021/08/03

第2話

探偵と女子高校生 1
 私はいつも周りの目を気にして自己主張してこなかった。
本当は髪だってショートにしたいけど、お母さんの好きなロング。
 学校だって、幼稚園の頃にできた友達と同じ学校に行きたかったけど、お母さんが小学校から大学まで一貫の私立学校に行きなさいって言うから勉強して、エスカレーター式の学校に入った。
学校を卒業したら勝手に決められた許婚と結婚する。
何もかもレールの敷かれた人生を送ってきて、もう高校生になってしまった。
私はこのまま言われたことをただ素直にこなす 籠橋 美麗かごはし みれいになってしまうのだろうか。