無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

301
2021/11/21

第7話

よく言うよ
━━漏瑚が、負けた。
夏油傑(げとうすぐる)
夏油傑(げとうすぐる)
あーあ
五条悟に負け、
頭だけになってしまった漏瑚を
離れて見ていた夏油は
何の感情もこもっていない声を出す。
あなた

漏瑚さまっ!!!!
んううっ!!!?

頭だけになった漏瑚の姿を見て
一瞬時が止まったように
固まっていたあなたは
すぐ我にかえり彼を助けようとその場から
飛び上がろうとするが
突如地面から出てきた木の根に
体を拘束され口すら塞がれてしまう。

勿論、あなたの隣に立つ花御の仕業だ。

あなたは必死にもがき
木の根を体からはずそうとするが
ガッチリと巻き付いているソレは
びくとも動かない。

あなたが漏瑚を助けようとする気持ちも
わかるが、
彼女が行ったところで
《あの》漏瑚が勝てなかった五条悟に
勝てるわけがないのだ。

花御がしたことは間違っていない。
あなた

んー・・・っ!!
んっ、んううっ!!

あなたを落ちつかせるように
右手で頭を一撫でしてから花御は
人さし指の先に白い花を咲かせる。
夏油傑(げとうすぐる)
夏油傑(げとうすぐる)
どうする?
助ける?
━━私は高専関係者に
顔を見られるわけにはいかないから
ここで帰らせてもらうよ
立ち上がり花御とあなたに
背を向ける夏油。
夏油傑(げとうすぐる)
夏油傑(げとうすぐる)
助けたいなら
助ければいいさ。
呪霊きみたち
そんな情があるかは知らないけどね
漏瑚が殺されるかもしれないというのに
夏油は全く助ける気がないらしい。
花御(はなみ)
花御(はなみ)
『私達こそ《人間》ですから
ありますよ』
そう言い残し、
花御は姿を消した。

漏瑚を救いに行ったのだ。
夏油傑(げとうすぐる)
夏油傑(げとうすぐる)
━━よく言うよ。
呪霊の分際で
小さな声で聞き取りにくかったが
悪意の混じった夏油のその言葉を
あなたは確かに聞いた。