無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

朝焼け
 今朝は目覚ましで早く起きる。


家を出る前にばーちゃんに一声かけたところ

どーゆー風の吹き回しだと不思議に思われた。


あの海の朝焼けを残しておきたい。

とは思っているが,今日は紙と色鉛筆ではなく

スマホをしっかりと握りしめて家を出た。

慣れない絵なんて諦めて

写真で残そうと思っただけだ。


待ち合わせの海岸に着くと

そこには既に柑奈の姿があった。


「おっそーい!」


「ごめんごめん、思ったより早いのな」


「んー…まぁ、楽しみにしてたからね♪」


「ふーん、そ。それで感想は?」


「最っ高に綺麗!
空ってこんな色になるのね」


「だろ?」


うっすらと登り始めた朝日にカメラをかざす。

実際に見るよりも色は薄くなっているが

カメラにはグラデーションが写っていた。


「いい感じに撮れた?」


「んー…逆光にしてはまぁまぁかな?」


「おー、確かにまぁまぁだね。」


といいつつ、柑奈もカメラを構えた。


「ど?うまく撮れた?」


「あー、あー…うん!まぁまぁ!」


「見せて…って、真っ白じゃん!」


「あー、うるさいうるさい!
ほら!ぼんやり写ってるよ!」


「いやいや,真っ白だから!」


「私は芸術関係は美術より音楽なのよ!」


「え、それ関係ある?」


「あるの! ケホッ 」


「あー、はいはい。
んじゃ,適当にそれっぽい音楽でも流して」


「…人をSiriみたいに扱いやがって」


と不満を言いつつも彼女は

それっぽい音楽をかけてくれた。


真夏の真昼間みたいなパリピな音楽ではなく

静かな朝焼けにピッタリな音楽を聞きながら

2人で少し歩いた所の防波堤に座る。


ただぼーっと海を眺めるいると


ふと曲に引き込まれそうになった。


「これ……。」


「やっば!! ごめっ…この曲じゃなくて…」


といい、柑奈は音楽を慌てて止める


「待って、今の曲最後まで聞きたい。」


「……え?」

何に驚いたのか
ぽかんと口を開けて固まる


「…ダメだった?」


「え、あ…いや…いいんだけど…さ。」


再び流れてきた音楽は


透明感のあるボーカルの歌声と

ストレートな歌詞が心地よかった。


「これ、なんてグループの?」


「これは…
セイレーンっていうガールズバンドの」


「セイレーン…ね。」


「……っ気に入った?」


「ん、なんか…好きかも。

いい歌だし,ボーカルも素敵な声してる。」


「……そっか。……~~。」


といって視線を外した。

柑奈にしては珍しく

最後の方が小さな声だったため聞き取れなかった。


けれど目を合わせようとしない柑奈の耳は

朝焼けと同じくらいに赤くなっていた。