無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1

今日から高校2年生。

『ガチャッ』

○○
○○
いってきまーす
ルンルンで歩いていると、壱馬が手を振っている
壱馬
壱馬
あなたおはよ
○○
○○
壱馬おはよう!!
今日から高校2年生だね!!
先輩だね!!
壱馬
壱馬
そーだな
てか、はしゃぎすぎ
頭をポンッと叩かれた。

壱馬
壱馬
ほら、早く行くぞ
○○
○○
うん!!
学校に着くと

クラス発表の紙の前でみんなが集まっていた、
壱馬
壱馬
あなた何組??
○○
○○
えーと、、
あっ、5組!!
壱馬
壱馬
俺も
また、1年間よろしくな!!

よかった、壱馬が同じクラスで

私は少しほっとした

なんでかって、それは、私友達作るの苦手だから、
○○
○○
教室行こっか
教室に着き、

席に着くと

前の子は女の子だった
○○
○○
『どーしよ、声かけようかな、、』
ひなこ
ひなこ
ねーねー、私たち初めて話すよね!?
え、前の子から話しかけられた

どーしよ、

返事しなきゃ
○○
○○
う、うん!!
ひなこ
ひなこ
だよね!!
これから1年よろしくね!!
私、ひなこっていうの、ひなこって呼んでね
○○
○○
私あなたよろしくね
こうやって学校は終わった