無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
次の日、壱馬と教室に向かっていると、、

女子1
女子1
みて、壱馬くんだよ
女子2
女子2
ほんとだ!!カッコイイ~♡
女子1
女子1
話しかけてみようよ
女子2
女子2
嫌だよ。恥ずかしいじゃんっ///
なんか、嫌だな、、、

壱馬が遠くにいるみたい、、
○○
○○
カッコイイ~!!
だってよ、よかったねー
壱馬
壱馬
なに??妬いてんの??
私がヤキモチ妬いてる!?

そんなわけないじゃん
○○
○○
そんなわけないじゃん!!(笑)
壱馬
壱馬
でも、顔赤いよ??
え、、
私今顔赤いの!?

えー!



教室に着くと

ひなこがいた
ひなこ
ひなこ
あなた、おはよぉ~
○○
○○
おはよー!!
ひなこ聞いてよ~
私、壱馬がモテるの嫌なんだけど
これって変??
ひなこ
ひなこ
変じゃないよ??
それって恋でしょ??
○○
○○
え?
私、壱馬のこと好きじゃないよ??
ひなこ
ひなこ
まだ、気づいてないの??自分の気持ちに
私が壱馬を好き??
いや、ないでしょ、、、
ないよ、
私はその日

ずっと、壱馬のことを考えていた