無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
山田涼介
おはようございます霧原さん
霧原
おはようございます
霧原
本日お仕事は.....
山田涼介
今日は午後からで....
霧原
そうでございますか。
ではごゆっくりしていってください
山田涼介
ありがとうございます
あなた
おはよう霧原
霧原
おはようございますお嬢様
山田涼介
おはよう
あなた
ッ...!?
お、おはよう
霧原
お嬢様昨日なにかございました?(コソッ
あなた
べ、別に!?なんにもないし
霧原
そうでございますか
山田涼介
プルルルル)(あ、知念)
山田涼介
すいません。
霧原
いいえ
山田涼介
もしもし?
あなた
ねえ霧原
霧原
なんでございましょう
あなた
お腹が減ったわ
霧原
かしこまりました
山田涼介
あの小林さん
あなた
はい?
山田涼介
急に友達に呼ばれちゃって....
山田涼介
だから今日はもう帰る
山田涼介
ありがとね
あなた
うん
山田涼介
じゃあまた
あなた
また
山田涼介
霧原さんありがとうございました
霧原
いいえ
またいらしてください
山田涼介
じゃあまた(囁
あなた
ま、また.....(カァ/////)
あなた
(え、やだ。なんでこんなに恥ずかしがってんの私!)
山田涼介
本当にありがとうございました
山田涼介
では
あなた
ッ!?
.....ねぇ、霧原.....心臓痛い。
もう....ダメッ.......(倒
霧原
お嬢様?
....お嬢様!?
救急車を!
メイド&執事
か、かしこまりました!!