無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
目を覚ますと次の日の朝だった
隣には霧原が
あなた
霧原おはよう
霧原
おはようございますお嬢様
看護師
失礼します
ビクッ
あなた
びぃっくりしたぁ!
看護師
申し訳ありません
あなた
すいません。私こそ大きな声を出してしまって
看護師
いえ
あなた
それでどうしたんですか?
看護師
えっとですね、昨日いらした男性いらっしゃるじゃないですか
あなた
はい
看護師
あの方とはどういったご関係で?
あなた
えぇと、彼氏
彼氏です
看護師
そうですか
それなら良かったです
あなた
でもなんで.....?
看護師
ここは特別病室です。なのであまり人の出入りは....霧原さんは別ですけど
霧原
今わたくしも出て行けと言われるのかとドキドキしてしまいましたよ笑
看護師
すいません笑
看護師
それで、今来てらっしゃいます
あなた
涼介が?
看護師
もう入ってらして大丈夫ですよ
あなた
ちょぉぉぉっとまったぁぁぁぁ!
山田涼介
どうしたの?あなた!
あなた
こんなダサい服じゃ......!
山田涼介
ダサくないよいつもとかわらないでしょ?
あなた
変わるの!触り心地とか
山田涼介
あ、ほんとだ。ちょっとだけ
あなた
バッ.....///!
こんな所で抱きつかないでよ!
はずかしいよ
山田涼介
恥ずかしくないよー
看護師
フフッ
ではこれで失礼しますね
霧原
では私も