前の話
一覧へ
次の話

第19話

       🐭
305
2021/08/13 00:28
ゆんぎ
ゆんぎ
 着いたぞ 


先生が 車を 止め ,私に 言う 。
〇〇
〇〇
 なんで…知ってるの??    
ゆんぎ
ゆんぎ
 担任だからな。なんでも知ってるぞ 

と,得意げに 話す 。
〇〇
〇〇
 へぇ~    
ゆんぎ
ゆんぎ
 当たり前だ 
〇〇
〇〇
 …  


ある意味 怖いけど 笑
〇〇
〇〇
 送ってくれて 
 ありがとう御座いました。 


そう言って,車を 降り
ゆんぎ
ゆんぎ
 〇〇 


って呼び止められた 。

私は 先生の方に 振り向くと
ゆんぎ
ゆんぎ
 本当になんかあったら話せよ 
〇〇
〇〇
 ありがとっ先生 

速まる鼓動を 隠しつつ ,先生と 別れる 。



家に入ると 
〇〇
〇〇
 ただいま!    

それだけ言って 自分の部屋に 駆け込む 。



無造作に 鞄を投げ捨て ,ピンクの クッションを 抱きしめた 。





 先生の時に 感じた ドキドキを 隠すように …









next_

プリ小説オーディオドラマ