プリ小説

第12話

龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ただいまー。
おかえりーお兄ちゃん!
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
おうただいまー、
龍輝おかえりー
ご飯の支度手伝って貰える?
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
あっうん...
荷物置いてくるわ)
そうして...ありがとう...ね
いつもいつも
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ううん(*^^*)全然(笑)
自分の部屋
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
はぁ...疲れた...)
コートを掛けてる)
(ドクン...)
....息が.....)
俺はその場にしゃがみこんでしまった...
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
.....ウッ....ゲホッ.....ゲホッ...
龍輝ーー
早く来てーー手伝ってーー
あっ...階段の下から母さんの声が聞こえる...
お兄ちゃんーー!
大丈夫...?
心配そうな妹の声も...
でも...何故か...自分の身体は...立つことを拒否してるかのように...立てなかった...
㌧㌧🚪
お兄ちゃんーー
あっ..立たないと...)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
はーい。
🚪ガチャ
お兄ちゃん遅いからどうしたのかと思った...😭
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)

大丈夫大丈夫(笑)
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙...
龍輝ーー手伝ってーー
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
はーい🙋
お母さん呼んでるから行くよ?
うん(´˘`*)
その時にはもう何も無かったかのように...
治っていた...




なんだったんだろ...
ただの疲れからだったのかな...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❥ふ ゎ ❥
❥ふ ゎ ❥
初心者なりにがんばりまーす!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る