プリ小説

第2話

ホームで10分ぐらい待ってたら...
やっと電車が来た...
でも...その電車は、満員だった...

あぁ...酔わないかな...大丈夫かな...。
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
凛(りん)次の電車にするか?
凛(りん)
凛(りん)
ううん(*^^*)大丈夫(๑´罒`๑)
次の電車待ってたら...学校遅れちゃうし...
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
じゃあ突っ込むぞ...
手握る)
凛(りん)
凛(りん)
うん...
手握る)
電車内は、思ったより...窮屈で...
息もしずらくなるほど...満員だった...
凛(りん)
凛(りん)
.....ん.....
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
大丈夫か?...
凛(りん)
凛(りん)
う.....うん.....(´˘`*)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
無理するなよ?
凛(りん)
凛(りん)
う...うん...
(顔色が悪い...)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
手握る)
凛(りん)
凛(りん)
えっ...
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
自分の方へ引っ張る)
凛(りん)
凛(りん)
ちょっ...
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ここだったら...息少しぐらい楽だろ?
凛(りん)
凛(りん)
(。_。`)コク...
寄りかかる)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
背中摩る)
次の駅だから...
凛(りん)
凛(りん)
ありがとう...//
...ふっ.....
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ううん(笑)当たり前やよ?
背中摩る)
あれ...こんなに...龍輝背高かったけ?...
ってか.....こんな...かっこよかったけ..?
凛(りん)
凛(りん)
( ̄・ω・ ̄)じー
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
どうしたん?...苦しい?
凛(りん)
凛(りん)
ううん...///大丈夫(๑´罒`๑)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ならいいけど...
次は〇〇  次は 〇〇 ♪
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
あっ着くって...
凛(りん)
凛(りん)
うん
右のドアが開きます♪
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
降りるよ
手握る)
凛(りん)
凛(りん)
手握る)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
すいませんー降ります!
隙間隙間を通る)
凛(りん)
凛(りん)
ついて行く)
電車のホーム
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
やっと着いたー...大丈夫?
凛(りん)
凛(りん)
うん...ありがとう///
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ううん(笑)
凛(りん)
凛(りん)
それよりも急がなきゃ!
龍輝の腕を引っ張る)
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
ちょっ...
凛(りん)
凛(りん)
急がないと...朝学活始まっちゃう!
とりあえず急ぐよ?
龍輝(りゅうき)
龍輝(りゅうき)
うん...!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❥ふ ゎ ❥
❥ふ ゎ ❥
初心者なりにがんばりまーす!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る