第13話

4,790
2022/07/25 11:45
りうら
ねね、初兎ちゃんってさ、音楽好き?
初兎
好き!特にRap!!
りうら
え!意外〜!
初兎
りうちゃんはギター弾けるんだよね?
りうら
うん!部屋にいっぱいあったの見たでしょ?w
初兎
うんw
ええな〜ギター!
俺楽器なんも弾けんからな……
りうら
今度ギター教えよっか?
初兎
え!まじ!?ありがとう!!
話してる感じはやっぱり普通そうだ。
初兎
ギターいつから弾いてるん?
りうら
中三の時かな!初兎ちゃんはRapいつから始めたの?
初兎
うーんいつからだろ?
高校生の時はもうやってたかな!
りうら
そうなんだ〜
初兎
そうや!今度一緒に曲作らへん?
俺がRap作るから、りうちゃんメロディー作るの!どう?
りうら
え!めっちゃいいじゃんそれ!!
……じゃあ、明日から作ろ?
初兎
おぉwすごい急やなwなんで?
りうら
あぁ〜ええっと〜……
……待って、早く作ろうって、奇病が進行するとギターが弾けなくなるっていうのが理由だったりして……

そう思った俺は話題を変えた。
初兎
て、てか、俺らずっとまろの部屋の前で話しとったやんw
りうら
え?あ、そうじゃんw忘れてたw
りうちゃんがまろの部屋のドアを開けた。
りうら
まろ〜!……って、まぁ寝てるか
まろはこっちに背を向けていた。

一応確認すると、すやすやと気持ちよさそうに寝ていた。
初兎
あーらら、これは…w
りうら
夜ご飯要らなそうだねw
初兎
ね〜
少し、そのまままろの部屋で話すことにした。
初兎
・・・・だよね〜
りうら
うんw
・・・すればいいのにね!w
初兎
うんw
しばらく話してて、りうちゃんがふと黙った。

どうしたのかな?と思って顔を覗き込んだ。
りうら
……さっきから、気にしてくれてるでしょ?
初兎
…?何を?
りうら
……俺の精神状態
初兎
!?
りうら
気づかれてないと思った?
初兎
……うん
りうら
あははw
俺、昔からそういうのに敏感なんだよね〜
○○ side
りうら
気づかれてないと思った?
初兎
……うん
りうら
 あははw
俺、昔からそういうのに敏感なんだよね〜
……さすがりうら

そう思った。

2人の会話はほとんど最初から聞いていた。

初兎も頑張ったと思う。

俺の位置から目は見えなかったけど、色、変わってたのかな?

変わってなかったら……w

プリ小説オーディオドラマ