プリ小説

第8話

放課後
              午後4時30分



靴箱に1つの手紙かあった…


放課後、屋上に来てください。
あなた

(誰からだろう?)

そう思っていたら屋上に着いた



ドアを開けると……

そこにシルクがいた。
シルク
シルク
あなた来てくれたんだ
ありがとう
あなた

うん
話ってなに?、

シルク
シルク
俺ずっと前からあなたの事が好きです。
もし良かったら付き合ってください。
あなた

えっ……
ごめんなさい
私好きな人がいるの……

あなた

でも友だちでいさせてください

シルク
シルク
うん、分かってたからいいよ…
モトキが好きなんだろ……
あなた

うん……
ホントにごめんなさい…

シルク
シルク
(やっぱりかぁ……)(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)
みき
みき
シルク?
みき
みき
どうしたの?
シルク
シルク
えっ(⸝⸝o̴̶̷᷄ ·̭ o̴̶̷̥᷅⸝⸝)
シルク
シルク
(つ﹏⊂)みき……
みき
みき
なんで泣いてるの?
シルク
シルク
俺あなたに告白した(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)
だけど振られた……
みき
みき
そっか………
泣いていいよ…
シルク
シルク
みき。゚゚(*´□`*。)°゚。
                         (*;ω(・ω・ 。)ギュ
             屋上は夕暮れに染まっていた。

シルクはみきに恋をした。
      ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
ゆゆな(作者)
ゆゆな(作者)
はい今回も終わりましたねぇー
みき
みき
終わったね!
作者さんお疲れさまです (*´∀`)♪
ゆゆな(作者)
ゆゆな(作者)
(*´▽`人)アリガトウ♡みきちゃん!
見てくれてありがとうございます
みき
みき
それではせーの( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!
ゆゆな(作者)
ゆゆな(作者)
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍎ゆゆりんご🍏だほタミ⭐
🍎ゆゆりんご🍏だほタミ⭐
また小説始めます! お気に入り登録してくれた方ありがとうございますm(*_ _)m お気に入り登録120突破🎊🎉 100いった! 更新は気分しだいです フィッシャーズが好きな中1です。 小説を出来たら作りたいと思います。 これからよろしくお願いしますm(*_ _)m ちなみにンダホが好きです! 「身分違いの恋」のつばさちゃんのリア友です! ちなみにつばさちゃんもウオタミです!(シルクが好き) 最近歌い手さんにハマりました! もうやばいくらいに好きなってしまいました! 歌い手さん好きな方繋がりましょう!