無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9。
男子
ん。よし。
あなた

……。

あなたside
そりゃーそうだよね。
帰っちゃうよね。
あれ……なんで泣いてるんだろ……私。
そっか……悲しいのか……。
健人
健人
……なんてね。帰るわけねぇーだろ。
あなた

……ぇ?

男子
は?ならあなた殺されてもいいんだ。
健人
健人
別に。好きにすれば?
あなた

……。

あなたside
そっか。健人にとって私は必要ない存在
だったんだ……。
ごめんね。健人。
男子
((ナイフ振り上げる
あなた

……!
((目をつぶる

…ボコボコッ……!
あなた

……ぇ?
((目を開け

男子
((倒れてる

いわゆる気絶?ですね。

ちなみに健人、空手黒帯。
健人
健人
帰るぞ。
あなた

……うん。

        ー歩いてるー
あなた

なんて私が○○君の家にいること
知ってるの?

健人
健人
勘。
あなた

じゃあ……。
最初から知ってた?
蹴られてたりしてたこと。笑

健人
健人
うん。見てたから。全部ね。
なのに……守ってやれなかった。
ほんと最低だな俺。
ごめん。
あなた

……別に
健人が謝る事じゃないよ。

     ー公園のベンチに座りー
あなた

健人……。

健人
健人
ん?
あなた

抱きt……ぁ、
なんでもない……!

健人
健人
((抱締
あなた

ちょっと……離れて……?

健人
健人
やだ。少しこのままでいさせて。
あなた

でも……。

健人
健人
いいから。
あなた

……はい。

あなたside
私の言ったことバレたか……。
さすが健人。
なんだろ……なんか落ち着く……。
((は……?ふざけんなよ……

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

_ か い り 。
_ か い り 。
_運命って信じますか?
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る