無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

*Urtnk*お家でまったり
皆さん皆さんあなたちゃんですよ((((
今日はね。うらたんのお家に来ております
が、問題発生
うらたぬき
うらたぬき
ねぇ~?あなた~?
夢主ちゃん
夢主ちゃん
どうしたの?うらたん...
うらたぬき
うらたぬき
好き~!
あなたは?俺の事好き?
そう、このようにデレデレなんです...
何!?デレ期!?やったぁ!!!((((
じゃないんだよ!!!
夢主ちゃん
夢主ちゃん
ねぇうらたん。今の状況は...何?
うらたぬき
うらたぬき
ん~?ただソファーの上で後ろからギューってしてるだけだよ...?
夢主ちゃん
夢主ちゃん
んんんんんんんんんん
可愛いんだよ!!!けど!!!
私は!!!
夢主ちゃん
夢主ちゃん
(耳が弱いんだっ...!)
そう、耳が弱いんです。
伸長的にもうらたんの口が私の耳の位置にあるんです。
ピンチです。ピンチです((((
うらたぬき
うらたぬき
ねぇ~好きって聞いてるの!!!
あなたは俺の事好きじゃないの...?
夢主ちゃん
夢主ちゃん
ぐっ...
好きだよ?うらたん。
うらたぬき
うらたぬき
んふふ~俺はねぇ大好き!!!
愛してる(ボソッ)
夢主ちゃん
夢主ちゃん
ひゃっ...
うらたぬき
うらたぬき
ん、もしかして...
耳、弱い?
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
バレたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
夢主ちゃん
夢主ちゃん
さっさぁ...
どうだろうね(汗)
うらたぬき
うらたぬき
あ、弱いんですね分かります
あっ...
うらたんのドSスイッチを押してしまった。
オワタ\(^o^)/
夢主ちゃん
夢主ちゃん
分からないで良いです()
うらたぬき
うらたぬき
じゃあ...
ふー
夢主ちゃん
夢主ちゃん
んにゃ...
うらたぬき
うらたぬき
かーわい
うらたぬき
うらたぬき
ねぇ...こっち向いて?
夢主ちゃん
夢主ちゃん
やだっ
うらたぬき
うらたぬき
あ、顔赤い~
もしかして照れてる?
夢主ちゃん
夢主ちゃん
照れてないからっ///
うらたぬき
うらたぬき
照れてないならこっち向いて!
クルッ
夢主ちゃん
夢主ちゃん
///
うらたぬき
うらたぬき
やっぱ照れてんじゃんw
チュッ
夢主ちゃん
夢主ちゃん
んっ...
最初は触れるだけだった。
だけれどうらたんはまぁ当然のごとく満足しなく
うらたぬき
うらたぬき
チュッ...んチュッ
夢主ちゃん
夢主ちゃん
ふぁっ...ん
何回もしてくるんだ
甘い甘いキスを。
うらたぬき
うらたぬき
やべっ
スイッチ入っちゃった...
夢主ちゃん
夢主ちゃん
待ってまだ昼
うらたぬき
うらたぬき
いいのいいの~
はいベット行くよー
夢主ちゃん
夢主ちゃん
うわっ
油断していると急に目線が変わった。
横抱き、俗に言うお姫様抱っこってやつ
うらたぬき
うらたぬき
ふぅ...よっと
やっぱお前軽すぎ。もっと食べて!
夢主ちゃん
夢主ちゃん
えぇ...理不尽
うらたぬき
うらたぬき
まぁ...今はそんなの関係ないか
うらたぬき
うらたぬき
___いい声で鳴いてくれるよね?
____________________
おれんじ
おれんじ
はい!っと言う訳で今回は私の推しでもあるうらたさんにしました~
おれんじ
おれんじ
どうでしたかね?きゅんきゅんしていただけましたかね?
おれんじ
おれんじ
随時リクエストは募集中なのでこんなんで良ければ書かせて頂きます!
おれんじ
おれんじ
それではここまで読んでいただきありがとうございました!!!
おれんじ
おれんじ
また次のstoryで会いましょう!
おつおれ+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚