無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第146話

じゅん
じゅん
ハアー
じゅん
じゅん
ン?喧嘩か
登ちやん
登ちやん
うぅ
隆二
隆二
おりゃ
NAOTO
NAOTO
おりゃ
岩ちやん
岩ちやん
おやり
? おりゃ弱いな
三代目 うぅ
じゅん
じゅん
ハアー🈁かな
? 彼女俺達と遊ばないか
三代目 じゅん
じゅん
じゅん
用事が有りますので
? そんな事云わずにさ
じゅん
じゅん
離して下さい
登ちやん
登ちやん
じゅんに手出すなや
? ハーアー殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る
じゅん
じゅん
庇う。テメ何してくれてるねん!
? ハーアー
隆二
隆二
じゅん逃げろ
じゅん
じゅん
俺のメンバーよくもしてくれたの!落としまつけてやるよ!
? ハーアーおりゃ
じゅん
じゅん
?を殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る殴る
? うぅ
じゅん
じゅん
弱いの。2度メンバーに手出したらテメら半殺しジャ
岩ちやん
岩ちやん
じゅん
じゅん
じゅん
ハアーテメ弱いのに喧嘩してさバカジヤン
登ちやん
登ちやん
バカで悪いかよ
じゅん
じゅん
三代目が喧嘩して負けたて(笑)な
隆二
隆二
(笑)ばいいよ
じゅん
じゅん
ほら立てよ
NAOTO
NAOTO
じゅん
登ちやん
登ちやん
何で助けた
じゅん
じゅん
助けた覚えないよ
隆二
隆二
そうか
じゅん
じゅん
おう。飲みに行くぞ
岩ちやん
岩ちやん
うん
TAKAHIROの🏘
じゅん
じゅん
TAKAHIRO帰ったぞ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅんじゅんじゅんじゅんじゅんじゅんじゅんじゅんじゅんじゅんギュギュギュギュギュ
じゅん
じゅん
TAKAHIRO苦しいよ
アツシ
アツシ
お前らなどうした
じゅん
じゅん
メンバーがさヤクザにボコられてたからさ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
マジ
じゅん
じゅん
うん。そのヤクザ弱いわ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
マジ。お兄ちゃんも見て見たかつたよ
アツシ
アツシ
オイTAKAHIRO
じゅん
じゅん
腹減った
アツシ
アツシ
オイじゅん
TAKAHIRO
TAKAHIRO
三代目手当するよ
登ちやん
登ちやん
おう
じゅん
じゅん
TAKAHIRO下手くそ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
エーエーエーエーエー
じゅん
じゅん
俺がするから
NAOTO
NAOTO
じゅんm(_ _)m
じゅん
じゅん
動くなや
隆二
隆二
痛い
じゅん
じゅん
我慢しろや
岩ちやん
岩ちやん
痛い
じゅん
じゅん
我慢しろや
登ちやん
登ちやん
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
じゅん
じゅん
我慢しろや。
登ちやん
登ちやん
ワリー
じゅん
じゅん
バカだよ。ヤクザと喧嘩してさ
登ちやん
登ちやん
m(_ _)m
じゅん
じゅん
喧嘩して仕事出来ねだろうが
登ちやん
登ちやん
おう。
じゅん
じゅん
何にも考えないでさ
登ちやん
登ちやん
おう
じゅん
じゅん
俺はまだ三代目許した訳ジャないから
登ちやん
登ちやん
おう
じゅん
じゅん
本当にバカ
登ちやん
登ちやん
(泣)
じゅん
じゅん
広臣俺さ過去話したよな
登ちやん
登ちやん
おう
じゅん
じゅん
だからさ喧嘩すんな
登ちやん
登ちやん
おう
じゅん
じゅん
明日はラジ有るからな
隆二
隆二
おう
TAKAHIRO
TAKAHIRO
マジ
じゅん
じゅん
うん。TAKAHIROラジ有るよ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
パス
じゅん
じゅん
オイTAKAHIRO半殺しな
アツシ
アツシ
三代目大丈夫か
隆二
隆二
おう
アツシ
アツシ
お前らもじゅんの過去してるだろう。
隆二
隆二
おう
アツシ
アツシ
じゅんはもう失いたくないんだよ。
岩ちやん
岩ちやん
おう
じゅん
じゅん
ちよTAKAHIRO
TAKAHIRO
TAKAHIRO
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア