無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

3代目の楽屋
じゅん
じゅん
広臣ウザ
登ちやん
登ちやん
なんやねん?
じゅん
じゅん
広臣ウザウザウザウザウザウザ
登ちやん
登ちやん
連発するなや
じゅん
じゅん
知らん
登ちやん
登ちやん
オイじゅん
アツシ
アツシ
オイソコ広臣、じゅんイチヤイチヤするな
広臣、じゅん してないワ
NAOTO
NAOTO
ハモリしてるよ
じゅん
じゅん
ウザ
NAOTO
NAOTO
じゅん
Hilo
Hilo
じゅん
じゅん
じゅん
ウザ
Hilo
Hilo
オイじゅん
岩ちやん
岩ちやん
じゅんは広臣好きなの
じゅん
じゅん
大嫌い
岩ちやん
岩ちやん
イチヤイチヤだから
じゅん
じゅん
違うわ
Hilo
Hilo
ダンスは
じゅん
じゅん
ダンスパス
Hilo
Hilo
オイじゅん
自販機
じゅん
じゅん
ハアー
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん
じゅん
じゅん
TAKAHIRO
TAKAHIRO
何でもないよ
じゅん
じゅん
TAKAHIRO、
TAKAHIRO
TAKAHIRO
ン?
じゅん
じゅん
じゅんは負けないよ。
TAKAHIRO
TAKAHIRO
オー
じゅん
じゅん
TAKAHIROありがとう。
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん俺は
じゅん
じゅん
頑張るよ。
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん