無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

入学式
いってきまーす

あるお祖母さんから拾われ不自由なく過ごしてきて四年

今日から、 烏野 に

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

えーっと、何組だ?

見えねー、前の奴、めっちゃデケー

怖っ、高校怖っ

?「名前何?」

えーっと

?「あっ!多分ツッキーは、何組か見てあげようとしてるんだよね‼」

ツッキー「うるさい山口」

あっ!あなたです

ツッキー「...5組」

ありがとうございます!

ツッキー「別に」

山口「さすが、ツッキー!」

ツッキー「うるさい山口」

山口「ごめんツッキー」

ツッキー「じゃあ」

山口「バイバイ!」

いい人だった。