無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

帰 道
仁
悪りぃ。俺お前の名前知らんわ。
姫菜
姫菜
あ、へ?あぁ。そうだよね。
姫菜
姫菜
私本田 姫菜。よろしく。
仁
えっ⁉︎本田って、あの本田ホールディングスの?
姫菜
姫菜
そうそう!
仁
(うわぁ。金持ち。ガチのお嬢さまかよ。)
姫菜
姫菜
(あぁ…変なふうに思われたかな?第一印象がぁぁ!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天瑠
天瑠
ひーちゃん!帰ろ!
姫菜
姫菜
うん!
あぁ。なんか長い1日だったな。
天瑠
天瑠
ねぇ!この雑誌見てよ!
そこには、キレイに化粧をした美紗…いやMISAの姿。
人気ファッション誌の表紙を飾っている。
天瑠
天瑠
MISAってすごいよね!これ美紗ちゃんでしょ⁉︎いーなー!人気モデルって!
姫菜
姫菜
ね。有名人とも友達なんだってね。
天瑠
天瑠
羨ましいぃぃ!
美紗
美紗
あの!
ベストタイミングで美紗さんに話しかけられた。
美紗
美紗
すみません。紅羽さん、見てないかしら?
そういえば。
天瑠
天瑠
見てないなぁー。ごめんね!
美紗
美紗
いえ!大丈夫ですわ!
その時
美紗
美紗
あの方…なにを企んでるのかしら…。
と小声で言っていたのが、私にはハッキリ聞こえていた。
…天瑠には聞こえていないようだが。
紅羽に限って、変なこと考えてるなんて…
ないよね?