無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

31
2021/03/07

第8話

8
藤堂 湊
それは…俺も合唱部だったから。
藤堂 湊
転校になって、辞めて来ちゃったけどね。
松本 月乃
そうだったんだ…
藤堂 湊
いい歌だよ、今年の課題曲。
藤堂 湊
ほら、勿忘草の花言葉って「真実の友情」でしょ?それがモチーフになってる歌なんだよ。



真実の友情…。



藤堂 湊
それにしても月乃ちゃん、今も友達いないの?


あまりにも酷い聞き方に私は思わず笑った。





松本 月乃
湊くん…その聞き方はないw
松本 月乃
それに私、今は友達いるよ!
松本 月乃
長谷川美波っていう子がいて、仲良くしてくれてるの。
松本 月乃
美波のおかげで美波の他の友達たちとも仲良くなったし、今は寂しくないの。
藤堂 湊
なーんだ、俺が1番目の友達だと思ったのに!


湊くん…。



松本 月乃
湊くんも友達だよ。
藤堂 湊
月乃ちゃん…俺月乃ちゃん好きだわ!
松本 月乃
?!


好き?!
そんなそんな…心の準備が…!


藤堂 湊
あっ、違う!!ほら、俺達友達でしょ?そういう事!
松本 月乃
あっ、うん!そうだよね?そういう事だよ)?びっくりしたw
藤堂 湊
ごめんごめん、月乃ちゃん、『Orange』って曲わかる?
松本 月乃
うん、知ってるよ?私達が中学一年生の頃のコンクールの課題曲。
藤堂 湊
まだ覚えてる?
松本 月乃
うん。
藤堂 湊
良かったら一緒に歌おうよ!
松本 月乃
でも…
藤堂 湊
この花畑で歌うの、絶対気持ちいいよ。





私は久しぶりに歌った。誰の目も気にすることなく思うままに。






































藤堂 湊
なんだ月乃ちゃん、すごく綺麗な声。
藤堂 湊
月乃ちゃんのこの実力、並大抵の努力じゃない。本当に好きじゃないとできないよ。
藤堂 湊
歌の事、嫌いにならないで欲しいな。
藤堂 湊
もし月乃ちゃんの歌声に文句言う奴が出てきたらそんな奴俺がぶっ飛ばす。だからもう一度合唱やらない?
松本 月乃
でも…











湊くんと一緒に歌って、純粋に楽しい、歌が好きだと思えた。















もちろんあの時の苦しみが消えたわけじゃない。でももう一度やってみてもいいのかななんて思った。























松本 月乃
…うん、やる!
松本 月乃
もう逃げないから。




結局私は辛い事から逃げただけだ。あの時だって歌が好きな事を忘れなければ努力できたはず。