無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

36
2021/03/05

第6話

6
松本 月乃
って感じかな。自分勝手な話でしょ。
藤堂 湊
うん。
藤堂 湊
その友達達、自分勝手過ぎると思う。
藤堂 湊
それで謝られたわけでもないの?
松本 月乃
ううん、謝られたよ。
 

そう、高校に上がったタイミングで3人から謝られた。






小暮 花菜
月乃、あの時はごめん…。私達辻村先生について行けば全国大会に行けると思って、月乃の気持ち考えてなかった。
富田 楓
私も…ごめんなさい。月乃がいない全国なんて、行っても意味なかった。
白川 唄子
もし私達のこと許してくれるなら、高校からまた合唱部に入ってくれないかな…。


あの時の3人の顔は今でも忘れない。あの真剣な表情に嘘はないと思った。




藤堂 湊
それで、どう答えたの?
松本 月乃
「いいよ、怒ってないから。でももう歌は歌わないから、ごめんなさい。」って言った。
藤堂 湊
そっか…
藤堂 湊
ねぇ月乃ちゃん、俺の家の近くにいい所見つけたんだ!一緒に行かない?



「うん。」と答える前に手を引かれ、私達は走り出した。