無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

戦い
知念侑李
はぁ楽しかったぁ
山田涼介
あの子はどうした?
知念侑李
シャワー浴びてるよ🚿
山田涼介
何して来た?
知念侑李
初めてもらって来た
山田涼介
...俺、あいつが欲しい。
知念侑李
えー僕も
山田涼介
じゃあ、今日からライバルだ。
知念侑李
いいじゃん。やってやるよ。
_________________________________
あなた

あの...ありがとうございました。

山田涼介
ねぇ
あなた

はい⁉︎

山田涼介
ここで働く?
あなた

働くって?

山田涼介
使い終わった後の部屋掃除をして欲しい。
あなた

えっ...あぁはい。

すると山田さんが顔を近づけて来た。
山田涼介
やった匂いするからってひとりでやるなよw
あなた

...しません///

知念侑李
あなたちゃんだっけ?
よろしく!
あなた

///

私には少しだけ見えた。
あの時の山田くんと知念くんのバタバタした目を。