無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第26話

的中。
色々考えた。
そういえば、、、涼介と再会したのって、3ヶ月前じゃないかも。
そう。私が、まだ汚かったとき。
涼介の子じゃないの...?
私はDNA鑑定をした。
あなた

(泣)...

やっぱり、涼介の子じゃない。
山田涼介
あなた⁉︎なんで泣いてるの?
山田涼介
何...これ?
涼介は紙を見ようとした。
あなた

ダメ!

山田涼介
⁉︎
あなた

えっと...

山田涼介
どうしたの⁉︎さっきから。
あなた

私の口から...言う。

_________________________________
あなた

実はよく考えたら、涼介と再会したのは3ヶ月前じゃないんだよ。

山田涼介
...そう...だっけ?
あなた

怖くて、鑑定したの。

山田涼介
それで...
あなた

(泣)

涼介は何も言わずに抱きしめてくれた。
山田涼介
そっか...
あなた

嫌いに...ならない?

山田涼介
俺のせいだ。
強く。長く。
あなた

りょ...すけ...

山田涼介
なに?
あなた

この子...どうしよう。

山田涼介
あなたはどうしたい?
あなた

誰の子かわからない。
でも捨てたら、可哀想。

山田涼介
そう思うなら、育ててあげようよ。
あなた

嫌じゃないの?

山田涼介
全部俺から始まったことだ。
そういってまた、抱きしめてくれた。