無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

消えないで。3
そして俺はその地へとたどり着いた。
山田涼介
あの、ここら辺に20代くらいで、髪が茶髪で長い子知りません?
お婆さん
知らんねぇ。
ここら辺若い子いないからねぇ。
山田涼介
そうですか...
まぁ最初で見つかったら奇跡だよな。
そのあと何度も何度も聞き込みをして。
お爺さん
あぁ。知ってるよ。
◯◯あなたさんのことだろ?
山田涼介
⁉︎
山田涼介
そうです!どこに住んでますか?
お爺さん
向こうのスーパーを右に曲がって、まっすぐ言ったところに、××マンションってとこがあるから、そこの3階だと思うよ。
山田涼介
ありがとうございます!
_________________________________________
山田涼介
ここか...
ーピーンポーン。
あなた

はーい!って...

山田涼介
あなた。
あなた

なっ何しに来たの?

山田涼介
お前を探しに。
あなた

でも桃美さんは?

山田涼介
桃美ならもういない。
あなた

幸せになってって言ったでしょ?

山田涼介
...
山田涼介
お前が幸せにならない限り、俺もならないから。
あなた

わっ私、しあわっ

山田涼介
それと!
あなた

えっ

山田涼介
お前と一緒じゃないと嫌だから。
あなた

...

山田涼介
帰ろうよ。
あなた

でも。

山田涼介
俺はあなたを忘れたりできないし、最後に愛してるなんて言われたらもっと忘れられないし、俺はもうあなたの事しか考えられない。
あなた

(泣)

あなた

りょ...すけ(泣)

山田涼介
あなたが考えている以上に、俺はあなたが好きだ。
あなた

私も...涼介が考えている以上に好きだよ。

ありがとう。
迎えに来てくれて。
わがままでごめんなさい。
でも...。
大好きです。
〜♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡〜
아이라🇰🇷😋
아이라🇰🇷😋
見てくれてありがとう!
こんなに見てくれて、嬉しいです。
もしこのお話で感動したり、ドキドキしてくれていれば私は幸せです。

それからもし出して欲しいジャニーズの方がいればコメントお願いします!
どんどん甘めのストーリーにしていこうと思うので、これからもお願いします!それではバイバーイ!