無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

入学式
入学式は大きな講堂で行われた。
600人ほどの生徒が整列している。
小野紫音(しおん)
聖華学園高等部、新入生の皆さん、この度は誠におめでとうございます。
聖華学園大学文学部史学地理学科、1年の
小野紫音です。...
学園の大学に通う先輩がお言葉を述べているが、眠くて頭に入ってこない...
昨日あまり眠れなかったからかな...
壇上の先輩は背が高く、イケメンで、スタイルが良かったのは覚えている。
それにしても...小野紫音って、どこかで聞き覚えがあるが、思い出せない。
入学式が終わると、私達は寮に案内される。
寮は男女混合の宿舎で、部屋は個室。
自分の好きなようにレイアウト出来るのも売りにしている。
東雲彩羽(いろは)
うわぁ!部屋きれい🎵
ふかふかのベットに腰かける。
明日はホームルームの発表があって、クラスメイトがわかる。
東雲彩羽(いろは)
うまくやっていけるかな...?
まだ実感がないけど、本当にここの生徒になったんだ...
不安もあるけど、期待の方が今は大きいかな。
温泉もあるけど、今日は部屋のシャワーで済ませて早めに寝ることにする。
東雲彩羽(いろは)
おやすみなさい...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

□♡きま▽○
□♡きま▽○
主にNEWS その他も小説書いていきます!コメントくれると嬉しいです(*´∀`)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る