前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
217
2021/07/28 01:14
太我
太我
俺さー
晴人
晴人
んー?
太我
太我
振られたー
晴人
晴人
へー
晴人
晴人
って、え!?
晴人
晴人
ちょ、達也くん!!
達也
達也
なんやねん
達也
達也
ちょ今忙しいねん
晴人
晴人
太我振られたって!!
達也
達也
あっそ
達也
達也
って、は!?





2人とも同じ反応





あのときの俺もこんなんだったな





なんだこれ





ノリツッコミってやつ?





いや、ちがうか





なんでこんな2人が驚いてるかって?





そりゃもちろん





今までいろんな子と付き合ってきたけど





相手に振られたことはなかった





俺から振ることも





いつもなんか面倒くさくなって





連絡が来ても無視して





気づいたら破局





そんな感じだった





だから、しっかり別れる





っていうのもはじめて





はしかんが産まれてくるよりも





もっとレアケースだと思う





太我
太我
初だよねー
太我
太我
俺が振られるとか
達也
達也
やな…
晴人
晴人
え、理由とか聞いても…
太我
太我
いいよ





理由か





正直思い出したくもないけど





この2人には隠し事する意味がない





2人の話もよく聞いてるし


















































莉佳
莉佳
たーいーがー
太我
太我
なーにー





いつものように





視線はスマホに向けて





彼女の話を聞く





莉佳
莉佳
別れよー
太我
太我
んー





流して話を聞く





いつもならこれでいいはずなのに





今日は違かった





なにか引っかかることがあった





頭の中でもう一度





彼女が俺に向けて放った言葉を思い出す










「別れよー」










は?





ちょっと待てよ





何言ってんだこいつ





彼女だってスマホを構いながら話している





なんだ、冗談か





そんなふうに思って





太我
太我
なにその冗談
太我
太我
つまんねーぞー!





と、返す





すると彼女がこう言った





莉佳
莉佳
冗談じゃないよ
莉佳
莉佳
こういう時はちゃんと話聞くんだね





動揺が隠せなかった





冗談じゃ…ない…





その言葉だけは





頭の中で何度繰り返してみても





そのままの意味だった





そして





俺のこの小さい脳みそでも





簡単に理解してしまう内容だった





プリ小説オーディオドラマ