無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

116
2021/08/15

第24話

🪞
この前のサバナ編




















ラギー・ブッチ
……レオナさんやってきました
ジャック・ハウル
……ほんとにやったんすか!?
レオナ・キングスカラー
お前は手放せるのか?
レオナ・キングスカラー
自分の中に何かをもたらしたアイツを
ラギー・ブッチ
そもそも、あんなに笑顔を振りまいておいて今更帰るとかありえないんッスよ?
ラギー・ブッチ
……俺はもうこれ以上大切な何かがなくなる経験入らないっす
レオナ・キングスカラー
俺は初めて欲しい言葉(潤い)をくれたアイツを逃がす気は無い
ジャック・ハウル
……!!
ジャック・ハウル
っでも、あいつにとってはこれは不意打ちっすよ!?
レオナ・キングスカラー
……ゴタゴタうるせぇよ
レオナ・キングスカラー
囲っちまえばいいだろ?
ラギー・ブッチ
ジャック君君知ってるっすか?
ラギー・ブッチ
狩りをする時に大切なのは
レオナ・キングスカラー
相手が逃げ切ったと油断した時が1番のチャンスだ
ラギー・ブッチ
……今が油断してる時っす
ラギー・ブッチ
他人のナワバリ(セカイ)に踏み入れたのは向こうっス
レオナ・キングスカラー
もしあいつの中で1番がほかのやつ(元の世界)でもなぁ
レオナ・キングスカラー
俺たちが力づくで
ラギー・ブッチ
俺ららしく
レオナ・キングスカラー
奪っちまえばいい
ラギー・ブッチ
ねえジャック君。
君は本当に偽りない心で、あの子(あなた)を
ラギー・ブッチ
向こうに送れるんっスか?
ジャック・ハウル
……




ねえジャック聞いて!
今日またあいつらがさぁ








聞いて!向こうと繋がりが見えたの!!







そろそろ帰れるのかも!









みんなといるの楽しかったのに……







明日かぁ……
ジャック・ハウル
……〜ッ!!
ジャック・ハウル
……分かりました。何も口出ししないっす
ラギー・ブッチ
うん!そう来なくっちゃ