無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

615
2021/08/31

第22話

質問

アンケート

日向サイドとかも書いた方がいい?
書いて
44%
別に書かなくていいよ
56%
投票数: 203票
申し訳程度の日常編
シュナ「リムル様!お待ちください!」 

シオン「今日こそこれを!」

リムル「だから… なんで女物なんだよ!」


『w頑張れ』


リムル「(´・ω・`)💡」

リムル「リースもやりたそうにしてるぞ?」

『ゑ?』

『いやー私は遠慮しとくね(^_^;)…ァハハハ…ハハ…ハ…』

(((((っ-_-)っ ソロリ ソロリ

シュナ「ガシッ(っ*´꒳`)っ()」

『ヒェッ…』

シオン「こちらへ!」

『いやぁぁぁぁ』

まって!リムル遠くまで逃げてる!?

『シュナ! シオン! リムル逃げてるよ!?』

シュナ「後ででいいんです 今はリースさまです!」

ズルズルズル





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ねぇシュナ…これいつもリムルを追いかけて着せてるの?』

シュナ「はい!」

そこにはメイド服チャイナ服バニーガールいろんな形のドレス

どうやって集めたの?

シオン「では早速これから!」

そう言って持ってきたのはフリルがついたメイド服

シュナ「後で髪の毛もセットしますからね!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『疲れた…』

リムル「お疲れ様w」

『許さないかんな』

リムル「たこ焼きあげるから」

『………………………………許す』

『(・u ・)ŧ‹”ŧ‹”』

リムル「明日も頼むな」

『誰がやるか!』

『!』

『やっぱ明日やってあげる』

リムル「ほんとか?」

『その代わり仕事おねがいね?』

リムル「よし頑張って逃げるか」

『ッチ』

翌日 頑張って逃げてるリムルがいたんだとさ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

短いよ

ごめんね

そういや転スラの一番くじ皆さんはしました?

私はお金がないのでできないんですよ…

ギィが欲しかった…