無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,051
2021/08/05

第6話

5話
リムル「お願いだって!」

『無理無理!そんな大役私無理!』

リムル「そこをなんとか!」

なんでこんなことになっているのでしょうか

遡ること10分前




なんか呼ばれたんだが
この街に住むことについての相談とかなんとか

´ー` )ノ🚪ガチャ

『リムルー来たよー なんの用でしょうか?』


リムル「実はなお願いがあってだな」

ん?なんか嫌な予感が…

リムル「この街の副盟主(そんなんないと思う)をやってくれないか?」

『( ˙꒳​˙ )ファ』

フクメイシュ…フクメイシュ…ふくめいしゅ…副盟主!?

『え、やだ』

リムル「なんでだよ?」

『めんどくさいから』

リムル「そこをなんとか!」

ワーワーギャーギャー

で今に至る

『それに 国民だって急に来た人が国のNo.2なんて嫌だと思う!』

リムル「そこは何とかするから!な!」

『いーやーだー!』

シュナ「早く決めてください」

そうだまだ私にはシュナが!

『シュナはどう思う?』

シュナ「私はリースさんがいいです!」

シュナァァァ
そしてリムルは勝ち誇ったような笑みを浮かべるなー!

でもシュナにそこまで言われたら諦めるしかないか…

『分かった! 副盟主やってやりますよ!』

リムル「ありがとな!」





ー広場的なとこー


リムル「えーこれから俺たちの新しい仲間というか幹部を紹介する」

『リースですよろしくお願いします 呼び捨てで呼んでもらっても構いません』

リムル「彼女は俺とヴェルドラの知り合いでこの国の副盟主を任せようと思っている まあ仲良くしてやってくれ!」


「「「「「「ウォォォォ!」」」」」」



解散したあと


あれ?副盟主って何するの?

ということで

『ワタシハナニヲスレバイイノデショウカ』

リムル「なんでカタコト?」

『仕事やだ』

シュナ「副盟主ですからある程度の仕事は"盟主"であるリムル様がやってくれますよ多分

多分?ま、いっか


『で、今日の仕事は?』

リムル「これ…」

oh......
すっごい量

『半分やったげるから頑張りな』

リムル「神様ありがとうございます」

『誰が神様だ!』

神様だけど


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


チョキ( ✂︎'-' )✂︎チョキ

皆さん👁100ありがとうございます!
作者それみて手震えました!
あと番外編っていります?
いるーって人はコメントお願いします!
ではサイナラー