無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

715
2021/07/22

第10話





後ろからそっと二人の写真を撮る



カシャッ



(なまえ)
あなた
(ん~満足!)




私がスマホを眺めていると、



気付いたら部屋が静かになっていることに気付いた。



(なまえ)
あなた
.....?




ふと目線をあげると、目の前のソファには



さっきまでゲームをしていた二人のイケメン))



リノオッパとヒョンジンオッパがこちらを見ている。




(なまえ)
あなた
え、えっと.......
リノ
リノ
あなた
(なまえ)
あなた
はいっ、!




ちょっと間が空いて、すぐに



リノ
リノ
おにぎり、美味しかった
リノ
リノ
ありがとう




キュン死



(なまえ)
あなた
っへ、へへっ、いえいえ、んふふ




嬉しさが込み上げて顔がにやけてしまう。



はっ、ダメダメ、しっかりしなきゃ



メンバーなんだから、当たり前でしょ、!



リノ
リノ
あなたが作ったご飯いつも美味しいから毎日元気でいれるわ




前言撤回。



ステイの皆さん。



リノオッパはリアコです。







________To be continued