無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

☘️
バドミントン部に入っております。
厳しくなったけど

-------------キリトリセン--------------(後悔)
9年間ずっと一緒の幼なじみがいるんだけど(男)

その子がね、あの子と話すチャンス作ってくれたんだよね。

なのに......、、無視してもうた.......。

ごめん、ごめんね、ごめんなさい。

もう一度チャンスを下さい。

昨日の6時頃に戻りたい
✄-------------------‐✄(日常)

今日さ、友達から紙貰ったんだよね

その紙の内容がテストで

9点って書いてあったの。

私9点だった!ってみんなに自慢してた‪w

でもね、なんでウチに渡すの?って聞いたら

それ、私じゃなくてあの子が書いたやつだから

は?.......。ごめん返す。
だから2組に居たんだ。へぇ〜

あの人ドアの端だから廊下通る時視界に入るんだよねー。

それはそれは気まづいよ。

よく友達に会いに2組行くけど

うーん。気まづいわ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

tato.
tato.
【不定期投稿】 たまーにだすって感じです☺︎︎︎︎ 日常の小説はよく出します。 ┈┈┈┈┈┈┈ 友達って大事⸜❤︎⸝‍ ミナペン
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る