無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

159
2020/05/30

第9話

eight
嵐の楽屋にて…
二宮和也
二宮和也
今日の朝、あなたになんかしましたよね?
櫻井翔
櫻井翔
あ、それ俺も聞きたかった!
相葉雅紀
相葉雅紀
えっ!?なんもしてないけ…ど…?
松本潤
松本潤
なんで最後疑問形なの?笑
二宮和也
二宮和也
やっぱりなんかあったんだー
櫻井翔
櫻井翔
詳しく話してもらおうか(。-∀-)ニヤリ
相葉雅紀
相葉雅紀
松潤助けてよ〜
松本潤
松本潤
俺も聞きたいから無理だな〜
相葉雅紀
相葉雅紀
え〜!!リーダー助け…って寝てるし!!
大野智
大野智
あなた…可愛いね〜(寝言)
嵐
(幸せそう…笑)
二宮和也
二宮和也
で、結局何したんですか?
相葉雅紀
相葉雅紀
……………………
櫻井翔
櫻井翔
怒んないから、教えてよ〜
相葉雅紀
相葉雅紀
う、うん。朝俺の事起こしに来たじゃん?その時に起きるからチューしてって俺が言ったら恥ずかしがっちゃって……………可愛かったから俺から………した……。
二宮和也
二宮和也
はい!?俺からしたって、本気で言ってます?
相葉雅紀
相葉雅紀
(。_。`)コク
櫻井翔
櫻井翔
まぁ、すぎたことは仕方ない…キスはしていいって話だったからね
二宮和也
二宮和也
はぁ…そうですね。手も出てないようですし、今回は無かったことにでも
プロデューサー
プロデューサー
嵐さーん、スタンバイよろしくお願いします!
櫻井翔
櫻井翔
あ、はーい!リーダー起きて!
大野智
大野智
うーん…?もう行くの?
二宮和也
二宮和也
今日あなたのご飯だよ?((ボソッ
大野智
大野智
!!!!なんかやる気でてきた!
櫻井翔
櫻井翔
ニノなんて言ったの?((ボソッ
二宮和也
二宮和也
あなたのご飯食べれるよ?って言っただけ((ボソッ
櫻井翔
櫻井翔
あぁ、なるほどね笑((ボソッ






その頃あなたは…
あなた
あなた
買い物はこれで終わり?
明美
明美
うんっ!あなたほんとにありがとー!!助かったよ〜
あなた
あなた
なら、良かった!お友達喜んでくれるといいね!
明美
明美
きっと喜んでくれるよ!
あなた
あなた
じゃあそろそろ学校行こっか!
明美
明美
そうだね!






授業が終わり……
明美
明美
今日はほんとにありがとう!また明日ね〜!
あなた
あなた
うん!またあした!バイバーイ
あなた
あなた
あ、みんなから連絡来てないや
LINEにて


あなた
あなた
みんな〜、今日のご飯何がいい?
松本潤
松本潤
うーんなんでもいいかな〜
二宮和也
二宮和也
おれ、バンバーグがいい!
櫻井翔
櫻井翔
おれ、オムライス!
大野智
大野智
おれ、魚系かな〜
相葉雅紀
相葉雅紀
おれ、中華がいい〜
あなた
あなた
え〜みんな違うじゃん!笑
松本潤
松本潤
じゃあ、こっちでジャンケンするから、待ってて!
あなた
あなた
おっけ〜!



3分後
二宮和也
二宮和也
よっしゃー!!!!勝った〜!!!
あなた
あなた
喜びすぎだよ!笑じゃ、今日はハンバーグだね!
大野智
大野智
今日、おれ頑張ったのに…
あなた
あなた
じゃあ、ギューッとする?笑
大野智
大野智
え!いいの?
あなた
あなた
まぁ、いいけど笑
二宮和也
二宮和也
ちょっと待ってよ!リーダーだけずるいじゃん!
櫻井翔
櫻井翔
そうだよ!ずるいよ〜
あなた
あなた
じゃあ、みんなする?
松本潤
松本潤
え、あなたはいいの?
あなた
あなた
まぁ、ギューするくらいなら笑
相葉雅紀
相葉雅紀
あなたがいいなら、してもらおうよ!
櫻井翔
櫻井翔
じゃあ、あなた全員ギューしてもらっていい?
あなた
あなた
うん!喜んで!
あなた
あなた
みんなはもう仕事終わったの?
櫻井翔
櫻井翔
うん!もう撮影終わったよ〜
あなた
あなた
じゃあ、私より早いかな?これから買い物行くから
松本潤
松本潤
俺らと一緒に行く?迎えに行くよ!
あなた
あなた
え、いいよ!みんな疲れてるでしょ?
櫻井翔
櫻井翔
大丈夫だよ!車だし!
大野智
大野智
あなたに会えるなら、買い物行く〜
あなた
あなた
じゃあ遠慮なく。慶応大学に迎えに来てくれる?
櫻井翔
櫻井翔
え!?俺の母校行くの?笑
あなた
あなた
あれ?みんなに言ってなかったっけ?私も翔くんと同じ学校だよ?
相葉雅紀
相葉雅紀
そうなの!?あなためっちゃ頭良いじゃん!
松本潤
松本潤
まぁ、とりあえずそっち向かうね!
あなた
あなた
うん!ありがとう😊






✄--------------✄
作者
作者
どうも作者です!今回はここまでです。予定どうり更新出来なくてすみませんでした!次回は家に着いたところから始めようかなと思っています。コメントやハート待ってます!お気に入りにしてくださってる方ありがとうございます!以上作者でした!