無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

167
2020/05/23

第6話

five(翔くんの気持ち)
(え…私と翔くんは昔面識があったってこと?)
あなた
あなた
ねぇそれほんとに私?
櫻井翔
櫻井翔
うん。あなたのはずだよ。
櫻井翔
櫻井翔
俺の親とあなたの親が古い友人でさ、1度だけあったことがあるんだ。
あなた
あなた
ごめんね。私そのことあんまり覚えてないや…
櫻井翔
櫻井翔
そりゃ、あなたが赤ちゃんのときだからね。覚えてなくて当然だよ笑
あなた
あなた
あ、そゆことね。小学生くらいのときなのかと思ったじゃん!
櫻井翔
櫻井翔
びっくりさせてごめんね。なんか、懐かしくてさ。
あなた
あなた
フフッ(*^^*)なんか嬉しいな!
櫻井翔
櫻井翔
なんで?
あなた
あなた
いま、大好きな人と赤ちゃんの頃に1度あってたなんて奇跡だな〜って思って!
翔said

ん?俺の事好き?いや…嵐がすきってことだよ…ね…?俺はあなたのこと恋愛的に好きだけどあなたはまだ、違うよね。それにほかのメンバーもあなたのこと恋愛的に好きだろうし……神様俺にチャンスをください。
櫻井翔
櫻井翔
確かに奇跡だな。じゃあ戻ろっか。
あなた
あなた
うん!これからもよろしくね?
櫻井翔
櫻井翔
もちろんだよ!
✄--------------✄
作者
作者
今回はここまでです!いつもより短くてすみません!今回は翔くんの気持ちを覗き見して行きました!次回は相葉くんの気持ちです!お楽しみに!!