無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

31
どうもー!永瀬でーす!
あ、2人とも永瀬やんか、廉の方です!

江ノ島着いたんすけど…隣で寝ている方が1名。



寝顔可愛いなぁ…
あなた

Zzz…

もう時間もないしそろそろ起こさんと…
永瀬廉
あなたー!着いたでー
あなた

ん…ぅ、あ、ごめん、寝ちゃってた…

永瀬廉
ぜーんぜん!
むしろ寝顔見れてラッキー✨
あなた

ちょ、もぅ…眠っ…

永瀬廉
なんや、まだ眠いんか?
あなた

んーうん、ずっと寝てられる自信ある

永瀬廉
チューして起こしたろか?
あなた

…?!起きた!起きました!結構です!

永瀬廉
そんな拒否らなくてもええやろー?
あなた

だって、死んじゃうもん…(ボソっ)

永瀬廉
ん?
あなた

廉とチューしたら、死んじゃうもん…

永瀬廉
キスだけで死んでたら今日の夜どーなるん?
あなた

えっ…するの?

永瀬廉
もちろん!そのために来たって言っても過言やない
あなた

…と、とりあえず観光しよっか、

永瀬廉
おんっ!
え、ちょっとまって、

私、旅行で頭一杯になっててそーゆーことするって思いもしなかったから下着…古いやつなんだけど…
どーしよ、どこかお店でいいやつ買うとか…

でも江ノ島はそーゆーお店ないし…

どーしよ、

「ばば臭い下着やなぁ。俺のかぁさんみたい笑」

なんて言われたら…!

むしろお義母さんの方がオシャレで下着とかいいやつつけてそうだし…。


あぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
どーしよ!どーしよ!


憂鬱な1日の始まりです。