無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

32
旅行中ずっーーーーと!
下着のことが頭から離れず…。

気付いたら日が沈みそうな時間帯になっていた。



廉と手を繋ぎながら歩く
永瀬廉
なぁ、そろそろホテルの時間やし…
龍恋の鐘…鳴らしに行こっか、
↑龍恋の鐘

※“未成年だけどコドモじゃない”という映画でも使われた江ノ島の有名なデートスポットです。
2人で鐘を鳴らすと“永遠の愛を誓える”と言われている場所でもあります。
あなた

う、うん…、

しばらく道を歩いて龍恋の鐘の前まで着いた

時間が遅いからなのか、あまり人がおらず、私たちと他数組…。
あなた

久しぶりに来たね…

永瀬廉
せやな…鳴らそか、
あなた

うん、

永瀬廉
せーの、
あなた

せーの、

チーンっ、🔔
鳴らした後、廉の方を向くと私の目を見つめて微笑んでから…優しく唇が重なった_____
永瀬廉
ふっ、
あなた

ふふっ、

永瀬廉
愛しとるで、
あなた

私も…、

永瀬廉
じゃあ絵馬描きにいこ?
あなた

うん!

すぐそばに、絵馬と南京錠があってその絵馬にそれぞれ願い事を描く。

しばらくして廉が
永瀬廉
なんで書いた?
あなた

んー、こんな感じ!

と言って絵馬を見せる
永瀬廉
字…綺麗すぎん?
あなた

そう?

永瀬廉
おん、
あなた

じゃあ廉のも見せて!

永瀬廉
ええけど…はい、
見るとそこには見慣れた少し汚い字で書かれた廉の願い事。


“ずっと守っていけますように”


もぅ…好き…
あなた

“ずっとあなたを守っていけますように”…か…。

永瀬廉
わざわざ読まんくてええわー!
あなた

だって…

永瀬廉
“ずっと廉を支えられますように”…か、
あなた

読まないでよー

永瀬廉
同じことやで?笑
あなた

そーだけど…

永瀬廉
ほら、南京錠つけるで?
あなた

はーい、

絵馬を廉に渡して、廉が南京錠で二つの絵馬を固定してくれた。
永瀬廉
さて、帰ろっか
あなた

うん、

こうして江ノ島旅行最後の難問、
2人の夜がついに幕を開ける______