無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

新たなるライバル登場?!
廉は長期休暇が終わって今日からまたアイドルとしてのお仕事だそうで…。


昨日の夜、廉にお弁当を作って欲しいと言われたので今はお弁当作りに励んでいます。




おかずはハンバーグがいいらしく…



廉の好きな卵焼きも作って…



いろんな副菜を作って…



あとは詰めるだけ!












こんな感じかな…、よし!





できた!





廉を起こしてこなきゃ!












【寝室】
気持ちよさそうに寝ているところ申し訳ないけど、遅刻したら廉が困ると思うし…起こします。
あなた

れーん!朝だよー!

永瀬廉
んぅ、
あなた

遅刻しちゃうから起きてー!ほら!廉!

廉にかかっている布団を剥ぎ取り、カーテンを開けて起こす
永瀬廉
んー、おはよ、あなた、
あなた

おはよ、早く起きて!

永瀬廉
はぁい、



【リビング】
永瀬廉
ほんまにお弁当作ってくれたん?!
あなた

うん!おかずとかこんなのでよかったかな?

永瀬廉
全然!むしろ凄いで!メンバーに自慢してやろ!
あなた

ふふっ、あと10分でお迎えくるよ?

永瀬廉
お、まじか、急がな…
ピンポーン
あなた

あ、きた!はーい、

マネ「おはようございます、永瀬さんを迎えにきました、」
あなた

今家を出たのでそろそろそちらに着くと思います。いつも主人がお世話になっております。

マネ「分かりました。今後ともよろしくお願いします」
あなた

こちらこそよろしくお願いします

マネ「では、」
あなた

はい、

さて、掃除でもしよーっと!
永瀬side



仕事現場に着くと、一緒に仕事する方達がいてその中に美桜がいた。
美桜
廉…?10時からの撮影?
永瀬廉
あーそーやけど、
美桜
同じだね
永瀬廉
え?一緒に撮るパターン?
美桜
私、マネージャーいないから詳しいことはわからなくて…
永瀬廉
そっか、
カ「永瀬さん!今田さん!本日はよろしくお願いします!」



とカメラマンさんが言いに来て
美桜
よろしくお願いいたします。
永瀬廉
よろしくお願いします
マ「永瀬、ちょっと、」
永瀬廉
あ、はい
俺はマネージャーに呼び出されて撮影する部屋を後にした。
永瀬廉
マネどうしたの?
マ「今日の撮影、ananの撮影なんだ。言ってなくてすまん。」
永瀬廉
え?ananって、あの雑誌?
マ「そう。で、今田さんと一緒に撮るらしくて、ちょっとセクシー系もあるんだが、」
永瀬廉
…仕事は仕事やろ?ちゃんとやるから大丈夫。
マ「ならいいんだけど、」
永瀬廉
じゃあ俺は戻るな、
そして撮影場所まで戻り、すぐに撮影が始まった。




初めは2人で普通に立って撮影とかで、セクシー系はなかった。



でも
カ「じゃあ次!美桜ちゃん下着とか見せられる?」
美桜
あ、大丈夫です
カ「じゃあ美桜ちゃんは軽く下着見せる感じで。永瀬くんは…上に来るシャツのボタンを3番目まで外して…メイクさん!永瀬くんの髪の毛を軽く濡らして、ウェッティな感じにして!」
メ「は、はい!」
カ「で、永瀬くんが美桜ちゃんの肩とお腹に軽く手を添えて、美桜ちゃんは少し下向いて!
あー、永瀬くんカメラの方むかなくていいよ!
普通に美桜ちゃんのこと見ててー!いくよー!」



パシャパシャ、
永瀬廉
美桜
カ「2人ともいいねー!!よし!お疲れ!」
永瀬廉
ありがとうございました
美桜
ありがとうございました!
永瀬廉
美桜、ごめんな…肩とか腹とか触って
美桜
ううん、撮影だし…触れるなら奥さんの方が良かったでしょ?笑
永瀬廉
あーそれは言えんわ。笑
だってあなたと比べて勝てるやつなんてこの世におらんし。
美桜
そっか。笑
永瀬廉
じゃあな、
美桜
あ!まって!
永瀬廉
ん?
美桜
廊下で話せる?
永瀬廉
あーまだ次まで時間あるし…ええけど、
美桜
じゃあ、ちょっと、
こうして2人で廊下に出て
美桜
あのね、わたし…廉のこと、好きだったんだ…
永瀬廉
…え?
美桜
昔からずっと、彼女できたって聞いた時は少し落ち込んで、でもまだカップルなら私にもチャンスはあるかなって思ってたんだけど、
結婚するって聞いて、かなりやられたんだよね…笑
永瀬廉
…そっか、
美桜
私…ちゃんと言ってくれないと諦めきれない性格なの。
だから、廉にちゃんと、振って欲しいの。
永瀬廉
…ええの?
美桜
うん。ちゃんと、私のこと振って
永瀬廉
…っ、美桜…ありがとう。
こんな俺のこと好きになってくれて…
正直嬉しいよ、ほんまにありがとう。
でも、俺にはあなたがおる。
彼女は俺の大切で最愛な人。
彼女に勝てる女はこの世におらんねん。
やから、ごめん。美桜の気持ちには答えられん。
美桜
ありがとう。ちゃんと言ってくれて。
よしっ!新しい恋しなきゃ!
永瀬廉
美桜ならもっといい人おるから。
その人とちゃんと幸せになるんやで?
美桜
うん笑
廉も幸せになってね。
永瀬廉
おう!笑じゃーな!
美桜
バイバイ!






美桜side


そう言って私の元を後にした廉。
美桜
バイバイ…廉…大好きだったよ、
美桜
さようなら、私の初恋の人