無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

10
【久しぶりの休日】

事務所には廉から言ってくれたみたいで、
みんなから祝福された。

今日は2人で式場見学!


でも…


永瀬廉
…橋本さん?
あなた

どうして…

私と廉が予約した式場の前に橋本さんが待ち伏せしていた。
橋本環奈
…結婚って本当だったんだ…
永瀬廉
だからなんやねん
橋本環奈
まだ記者会見してないじゃない。
なのに式場とか決めるっていう情報もらったから…。
それに直接あなたさんとお話ししたいなって。
あなた

わ、たし?

橋本環奈
そう
永瀬廉
あなたに近づくなや
橋本環奈
私と浮気してたくせによくいうよね
永瀬廉
俺はお前のこと好きやなかったし。
お前と一緒にいた時も、電話してた時も、
食事に行ってた時も、あなたのことしか考えてへんかったし。
橋本環奈
へぇ〜、でもあなたさんが決めることじゃない?私と話すか話さないか。ね?
あなた

…はぃ、

永瀬廉
あなた…?
あなた

廉…話してくる

永瀬廉
なんで…
あなた

私も聞きたいことあるから。

永瀬廉
…わかった…
でも何かあったらすぐ連絡するんやで?
あなた

うん、わかった!

橋本環奈
じゃあ、あそこのカフェにでも。
あなた

わかりました、

永瀬廉
…ほんまにええんかな?